ブルーイ(Bluey)は何犬の犬種がモデルで特徴と性格はどんな犬なの?日本でも飼えるのか気になる

ディズニープラスで配信されてるブルーイというアニメをご存知でしょうか?オーストラリア発の子供向けアニメで、擬人化された犬の家族が主役です。

ブルーイ出てくる犬種はなんのモデルなんだろう?

この記事では
  • 主人公であるブルーイの犬種について
  • 妹のビンゴの犬種について
  • その他の登場人物の犬種について、各犬種の特徴や性格について
  • 日本での飼育可能性について

ブルーイはどの犬種をモデルにしているのか?

ブルーイはオーストラリアン・キャトル・ドッグという犬種です。

オーストラリアン・キャトル・ドッグは、その名の通りオーストラリアで牛の誘導や番犬として使われてきた犬種です。非常に活発で知能が高く、忠実な性格を持っています。

オーストラリアでは毛色によって区別されるため、ブルーヒーラーやレッドヒーラーとも呼ばれています。


ブルーイはブルーヒーラーと呼ばれるタイプで、青みがかった毛色をしています。

アニメのブルーイは少しおっちょこちょいで、いたずらっ子なイメージですが、いつも話の終わりは、お利口さんな女の子のイメージなので、実際の犬のブルーヒーラーの性格と似てますね。

ブルーイのモデルのブルーヒーラーの特徴とどんな性格の犬?

オーストラリアン・キャトル・ドッグは、19世紀にオーストラリアに持ち込まれたスミスフィールドという犬種と、現地のディンゴやコリーなどの犬種を交配させて作られました。

そのため、遺伝的にディンゴの血が流れていると言われています。

オーストラリアン・キャトル・ドッグは、体高が約43~51cm、体重が約15~22kgと中型犬に分類されます。

体型は筋肉質で引き締まっており、耐久力や運動能力が高いです。
毛質は硬くて密集しており、耳は立ち耳、尾はふさふさした垂れ尾です。


日本の犬で例えると柴犬の性格に似てるかもしれません。

日本でのブルーヒーラーの飼育は可能か?

日本でもブルーヒーラーの飼育は可能ですが、その際にはいくつかの注意点があります。

まず、ブルーヒーラーは運動量が多い犬種なので、毎日の散歩や遊びをしっかりと確保することが必要です。

また、社交的な性格のため、他のペットや人との交流の場を持たせることも大切のようです。
特に、忠実で忍耐強く、頑固で自立心が強いと言われています。飼い主に対しては愛情深く従順ですが、見知らぬ人や犬に対しては警戒心が強く、吠えたり噛んだりすることがあります。

さらに、ブルーヒーラーは知能が高いため、しつけやトレーニングをしっかりと行うことで、より良い関係を築くことができます。

ブルーイとビンゴのモデルのブルーヒーラーとレッドヒーラーの性格の違い

ブルーヒーラーとレッドヒーラーの違いは、毛色だけです。ブルーヒーラーは青みがかったグレーの毛色で、レッドヒーラーは赤みがかった茶色の毛色です。


それ以外は、どちらもオーストラリアン・キャトル・ドッグという犬種で、同じ性格や体型を持っています。

オーストラリアン・キャトル・ドッグのブルーヒーラーとレッドヒーラーの被毛は短いダブルコートで、適度に抜け毛があるのも特徴です。

ブルーイの友達のマッケンジーやスニッカーズの犬種

アニメのブルーイにはオーストラリアン・キャトル・ドッグのブルーヒーラーとレッドヒーラー以外にも、沢山の見慣れた犬種が登場します。以下表にまとめました。

登場人物犬種(または特徴)特徴・性格
クロエダルメシアンブルーイの親友。優しくて親切。ブルーイと一緒に遊ぶのが好き。
ラッキーゴールデン・レトリバーブルーイの隣の家に住む。元気でスポーツが得意。ブルーイとよく遊ぶ。
ハニービーグル思慮深くて賢い。たまに恥ずかしがり屋。
マッケンジーボーダー・コリー冒険的で勇敢。ニュージーランド出身。
ココプードルピンク色の毛。遊ぶ時はせっかち。
スニッカーズダックスフント科学に興味があり、知識が豊富。
ラスティレッド・ケルピー父親が軍隊にいることを誇りに思っている。
インディアフガン・ハウンド創造力豊かでおしゃべり。空想にふけることが多い。
ジュドー不明(茶色と白の毛色)チョウチョごっこでビンゴにいばっていたいばりんこ。

まとめ

この記事のまとめ
  • ディズニープラスで放送されてるBlueyの主人公のブルーイは、オーストラリアの牧牛犬のオーストラリアン・キャトル・ドッグのブルーヒーラーという犬種
  • ブルーイの妹のビンゴは、ブルーイと同じくオーストラリアの牧牛犬のオーストラリアン・キャトル・ドッグだけど、茶色の毛のレッドヒーラーという犬種
  • オーストラリアン・キャトル・ドッグは社交的な性格で、日本で言う柴犬のように忠実な性格をもっていて、。飼い主に対しては愛情深く従順ですが、見知らぬ人や犬に対しては警戒心が強く、吠えたり噛んだりすることがあります。
  • 日本でも飼育することができるけど、運動量が必要な犬種のため、広い庭やドックパークへ頻繁へ行く必要がある。

\ ブルーイを配信で見るならディズニープラス /

日本語でブルーイを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!