【冬季 北京オリンピック パラリンピック】ビクトリーブーケがかわいい!永遠に枯れない手編みの花

北京オリンピック 、パラリンピックで選手に表彰式で使われる【永遠に枯れない花のビクトリーブーケ】がかわいいと話題です。

「永遠に枯れることのないオリンピックの花」の意味込めた北京オリンピックのビクトリーブーケは、カシミヤの糸で手編みで作られているのはご存知ですか?

このブログでは、1つ1つ花言葉も意味などを調べました。このビクトリーブーケは、選手の方たちの最高の花束になること間違いないですね。

北京オリンピックのビクトリーブーケ永遠枯れない花束

【永遠に枯れることのないオリンピックの花】という思いが込められたビクトリーブーケは、中国の上海市の代表的な無形文化遺産である「海派毛糸編み技術」という手法で、一つ一つ手編みによって作られています。

材料の糸は、柔らかい素材のカシミヤ糸で編み上げられており、永久保存が可能なビクトリーブーケになっており、今までにはないビクトリーブーケで話題になってます。

一輪一輪手作りで作られているのは驚きですね。

冬季オリンピック2022年のビクトリーブーケの花言葉

ビクトリーブーケに入っている花言葉
  • バラ(友愛)
  • コウシンバラ(強靭)
  • すずらん(幸福)
  • 紫陽花(団結)
  • ローリエ(勝利)
  • オリーブ(平和)

パラリンピックのビクトリーブーケには、【不屈の精神】の意味である、青いハルシャギクが一輪入ってます。

【永遠に枯れないビクトリーブーケ】の制作時間

このビクトリーブーケは全て手作りで作られており、バラ1輪を作るだけでもなんと最低5時間はかかるという。

花によって、使う材料や編み方も異なるため、1つのビクトリーブーケを作り上げるには計35時間を要する本当に貴重な永遠に枯れない花束になっており、花束を手に取った選手たちの感動は間違いないです。

全てのビクトリーブーケを作るのに約5万時間がかかったと言われてます。

ビクトリーブーケと一緒に選手方達がもらえる公式マスコット

北京オリンピックでは、メダリストにメダルとビクトリーブーケの他に北京オリンピック公式マスコットの置物も授与されます。

パンダのマスコットの名前は、「ビンドゥンドゥン」(冰墩墩)。 赤の灯籠のモチーフになったマスコットの「シュエ・ロンロン」(雪容融)です。

赤の灯籠がモチーフになった「シュエ・ロンロン」は、小籠包にもみえますね。

冬季 北京オリンピック パラリンピックで使われるビクトリーブーケのまとめ

この記事のまとめ
  • 冬季北京オリンピックで授与されるビクトリーブーケはカシミア糸で1輪1輪手作りで作り上げた【永遠に枯れない】花束になっている。
  • 花にはそれぞれの意味があり、パラリンピックの選手の花束には【不屈の精神】の意味である「青いハルシャギク」が一輪加えられている。
  • 1つのビクトリーブーケの制作時間は35時間もかかっている

世界に一つだけのカシミア糸で作られた手づくりの花束を手に取った選手の方々の喜びの顔を見るのが楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。