オーストラリア(シドニー)の季節 オーストラリアの気候と服装は?

こんにちは 『Good day mate!』

のだっち

のだっちです!(@sonodamama)  ⇦Twitter気軽にフォローしてね、日頃の事一日10から20ツイートしてるよ!

オーストラリアに旅行に行くぞ!と決まったら1番気になるのは
『どんな格好で行けばいいの?』
『寒い? 暑い?』では ないでしょうか?

しかしながら オーストラリアの大きさは7,692,000 km²
北側に位置するQLD(クィーンズランド州)のケアンズと
VIC(ビクトリア州)のメルボルンの距離は2,327km
QLDのゴールドコーストから西のWA(西オーストラリア州)のパースまで4,371.3 kmあり、時差も2時間あります。

                    出典 NAVERまとめ

のだっち

因みにオーストラリアは世界で6番目に大きい国です。
日本の大きさは377,973 km²なので、 オーストラリアは相当大きいですね。

こんなに大きいので東西南北で気候が全く違います。

今回は観光都市でも有名なオペラハウスがある
シドニーの気候と服装についてまとめました。
シドニー観光される方は是非参考にしてください。

この記事はこんな人におすすめです。
  • これからシドニー旅行をする
  • シドニーへ旅行へ行くけど、季節が逆なのでどんな服装で行ったらいいのか全くわからない。
  • 子供にはどんな服装をもっていったらいいの?

海外旅行にはコレ!NEOMONEY


シドニーはどんな気候なの?シドニーでの服装は?

1年通してわりと過ごしやすい気候です。
日本のように春夏秋冬がある都市ですが、稀に朝とても良い天気だったのに日中天気が急にガラリと変わって、大粒の雨のストームが来る時があります。
春は9月、10月、11月 / 夏は12月、1月、2月
秋は3月、4月、5月 / 冬は6月、7月、8月です。
夏の時期でもシドニーから足をのばしてブルーマウンテンズやハンターバレーに出かけるなら、さらに気温が下がるので、パーカーやカーディガンなど必要になります。
冬のブルーマウンテンズは白い息が出るほど寒いです!!ダウンジャケットとマフラー、あればニット帽は必須です。

年中通して晴れた日は、日差しがとても強く、紫外線は日本の5倍とも言われています。
外出する際は日焼け止めと帽子、サングラスの着用をおすすめします。
サングラスはご年配の方も小さなお子さんもつけてますよ。
もし手持ちでなかったら、オーストラリアのご自身へのお土産で買って買えるのもいいですね。

そのだまま

因みに 私はついついサングラスをつけるのを忘れてしまい、先日眼科に行ったら、眼科医に『白目が日焼けしている!サングラスつけてね』と言われてしまいました。 皆さんも気をつけて下さい。

では 次は月ごとに気候とおすすめの服装(お子さんの服装)をまとめました。

シドニーの春の気候と服装 (9月から11月)

  • 最高気温は22°Cぐらい(9月)~30°C前後ぐらい(11月)
  • 最低気温は11°Cぐらい(9月)~16°C前後ぐらい(11月)

【9月】まだ冬の終わりの時期

まだ寒い日が続きます。

大人は⇨長袖のカットソーかセーターがあると便利です。
まだ日中も冷えるので厚手のパーカーやジャケットが必要になります。ファッション的にブーツを履いてもOK
子供は⇨厚手のパンツにロングTシャツとパーカーのようなジャケットが必要になります。
ダウンなどの厚手なジャケットは要らないです。

【10月】雨が少し多い時期です。

折りたたみを持ってた方がいいです。ポカポカ陽気の春が来ます。

大人は⇨長袖カットソーと、薄手のパーカーやジャケットがあると便利です。
子供は⇨長袖カットソーにレギパン 夕方寒くなるので、薄手のパーカーが必要です。

【11月】お天気の日が続き夏到来です。

空気が乾燥しだします。気温は暑い時は既に30℃超える日があります。

大人は⇨半袖でも過ごしやすくなる時期です。日陰はひんやりするので、カーディガンがあると便利です。
紫外線が強くなりだす時期なので、日焼け止め、帽子、サングラスを付けてお出かけしてください。
子供は⇨半袖にレギパン 女の子はスカート、男の子はハーフパンツでも大丈夫です。
日焼け止めと帽子を着用して下さい。

海外旅行にはコレ!NEOMONEY


シドニーの夏の気候と服装 (12月から2月)

 

  • 最高気温は30°Cぐらい(12月)~38°C超ぐらい(2月)
  • 最低気温は18°Cぐらい(12月)~19°C超ぐらい(2月)
  • 街の人がみんなビーチサンダルを履きだします。女性はビーチサンダルで出勤してオフィスに入る手前で履き替えるというオージースタイルです。
  • 私はオーストラリアに住みだした10年前より近年の方が暑くなってきてます。

【12月】真夏のクリスマス到来です。

半袖で過ごしやすいです。日差しが強いので必ず日焼け止め、帽子、サングラスは必須です。日焼け止めとサングラスは薬局でもUVプロテクトがしっかりされたのが販売されています。

大人は⇨真夏の日本と同じ格好で大丈夫ですが、ショッピングセンターや公共の乗り物(バス、電車)はクーラーがガンガンなので、クシュと丸めてバックに入れられる上着を持っていたら便利です。
子供は⇨真夏の日本と同じ格好で大丈夫です。あちこちで水遊びが出来る公園があるので、お着替え1セット持っていたら便利です。

【1月】暑いです。

暑い日は40℃ぐらいになる日もあります。空気も乾燥しているので、水分を沢山取って下さい。特に女性はうっかり水分を取り忘れるとこの時期膀胱炎を発症される方が多くなります。バックにはお水を入れておいてくださいね。

大人は⇨真夏の日本と同じ格好で大丈夫ですが、暑い日は外が熱風なので、パンツルックは暑くて着てられないです。日焼け止め、帽子、サングラスは必須です。ビーチサンダルでデパート歩いても大丈夫です。(オージースタイルですね)
子供は⇨真夏の日本と同じ格好で大丈夫です。必ず日焼け止めと帽子は着用して下さい。子供用のサングラスは薬局に売ってます。

【2月】暑いです。

暑い日は気温が40℃超えます。熱風です。夜も暑いの半袖で大丈夫です。
水分、日焼け止め、帽子、サングラスは必須です。

大人は⇨とにかく暑いです。靴下なんか履きたくないです。
子供は⇨真夏の日本と同じ格好で大丈夫ですが、水分が多めに取って下さい。

海外旅行にはコレ!NEOMONEY


シドニーの秋気候と服装 (3月から5月)

  • 最高気温は26°C前後ぐらい(3月)~20°C前後ぐらい(5月)
  • 最低気温は18°C前後ぐらい(3月)~10°C前後ぐらい(5月)

【3月】夏の終わりの季節です。

日中は暑いですが、朝晩は長袖が必要になる時期です。
何故か3月は雨が多いです。折りたたみ傘がると便利です。

大人は⇨半袖に薄手のカーディガンやパーカー、ジャケットを持っていたほうがいいです。
子供は⇨半袖にレギンスで大丈夫です。

【4月】【5月】紅葉の季節です。

公園などには銀杏の木が綺麗な黄色になってます。ブルーマウンテンズの方もとても綺麗ですが、寒くなってくる時期なので、ジャケットは必須です。

大人は⇨日中はからりとして過ごしやすいです。日中でも半袖では肌寒く感じるかもしれません。長袖のものを用意しておきましょう。また、朝晩は冷えてきますので、ジャケットなども持っていくと安心です。
子供は⇨長袖のカットソーにレギンスで大丈夫ですが、バックに厚手のパーカーを持っていたら便利です。

海外旅行にはコレ!NEOMONEY


シドニーの冬の気候と服装 (6月から8月)

 

  • 最高気温は17°C前後ぐらい(6月)~19°C前後ぐらい(8月)
  • 最低気温は7°C超ぐらい(6月)~5°C超(8月)ぐらい

【6月】空気がひんやりしてます。

日中の天気は良い日はとても過ごしやすいです。雨が多い時期なので、折りたたみ傘を持っていたほうが便利です。天気は急に変わってしまいます。

大人は⇨カットソーや薄手のセーターにジャケットが必要になる時期です。日本の秋服で大丈夫です。
子供は⇨長袖に厚手のパーカー

【7月】【8月】オーストラリアの冬です。雪は降らないです。

日本のような厚手のダウンジャケットまでは要らないでけど、(着ている人もちらほら見受けられますが)収納が簡単な薄手のダウンジャケット(ユニクロとかの)があると安心です、マフラーやショールがあると便利です。

大人は⇨セーターの下にヒートテックを着ているといいと思います。厚手のジャケットが必要です。
寒くなってきたらUGGブーツが欲しくなりますね。是非お土産に見てみてくださいね。日本にはまだないデザインもありますよ。
子供は⇨日本の冬と同じ格好で大丈夫です。現地では子供用の可愛いUGGブーツが売ってますよ。

そのだママ

北半球と、南半球で季節が真逆なので、どんな服装で行ったらいいのか難しいかもしれませんが、シドニーは日本と同じく四季があるので、夏の時期は日本の夏の洋服。 冬の時期は日本の冬の洋服を持参してくれば大丈夫です。
飛行機の中での準備
日本が夏の7月8月は オーストラリア冬です。 飛行機から降りた瞬間からとても寒いので、飛行機降りる前にご自身とお子さんにジャケットを着て飛行機を降りるといいと思います。荷物になりますが、ジャケットは手持ちで飛行機に搭乗すると便利です。

いかがでしたか?

全く日本でも知らない土地に行く時『この時期どんな服装をすればいいんだろ?』と思う中
日本とオーストラリアで真逆の季節ですと、余計に不安になりますよね。

利点は季節が真逆なので、オーストラリアで洋服の買い物をする際、日本が夏の時オーストラリアでは冬物セール
日本が冬の時は、オーストラリアでは夏物セールをしています。

真夏のクリスマスやニューイヤーもおすすめです。
真夏のクリスマスは沢山のサンタハットをつけた水着の美男美女がビーチにいますよ!

see you soon!

 

\家賃は20,000円台から、敷金・礼金・手数料・更新料/



 / ドメイン取得なら \

 

 

    / ブログを始めるなら \

 

 

/ 外出中のご自宅のペットの様子 \

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です