焼岳(やけだけ)噴火レベルあがる!普段は登山観光地の焼岳の最後の噴火はいつか気になる

  • 長野と岐阜の県境にある 焼岳(やけだけ
    噴火警戒レベル2に上がり、気象庁から噴石に警戒するように発令されました。
  • 普段は登山観光地の焼岳ですが最後の噴火はいつなのか
  • 最後に噴火した際の被害地域は?関東地方まで火山灰はきたの?

焼岳噴火レベルあがる!気象庁から警戒レベルの発令

気象庁から火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が発表

件名焼岳に火口周辺警報
(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)
火山活動の状況及び予報警報事項本文焼岳において、本日9時30分、気象庁から火口周辺警報
(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が発表

想定火口域から概ね1kmの範囲では、
弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒する

噴火時には、風下側では火山灰だけでなく
小さな噴石が風に流されて降るため注意

噴火警戒レベル2に引き上げられたことに伴い
焼岳に向かう登山道による登山を禁止とします。

今後の発表される情報に注意するようお願いします
警戒地域長野県
松本市
岐阜県
高山市
引用: 気象庁の公式サイトより

噴火警戒レベル2に引き上げられたので、
焼岳への登山は禁止になりました。

焼岳は都心からも訪れやすく、また登山初心者でも
挑戦できる山岳スポットです。
登山計画をしていた方は、登山を控えるようにしましょう。

気象庁の噴火警戒レベルの説明

噴火警戒レベルの説明
  • 【レベル5(避難)】:
     危険な居住地域からの避難等が必要。
  • 【レベル4(高齢者等避難)】:
     警戒が必要な居住地域での高齢者等の要配慮者の避難、
     住民の避難の準備等が必要。
  • 【レベル3(入山規制)】:
    登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制等。
    状況に応じて高齢者等の要配慮者の避難の準備等。
  • 【レベル2(火口周辺規制)】:
    火口周辺への立入規制等。
  • 【レベル1(活火山であることに留意)】:
    状況に応じて火口内への立入規制等。

  • (注:避難や規制の対象地域は、地域の状況や火山活動状況により異なる)
  • 引用: 気象庁の公式サイトより

    普段の焼岳は登山初心者でも登山が楽しめることで有名

    焼岳の標高と気温

    山の名前焼岳
    都道府県長野県・岐阜県
    標高2,455m
    気温最も低い月>2月の19度
    最も気温が高い月>8月の最高気温は20度
    焼岳の登山特徴

    焼岳の山頂からは北アルプスの最南端にあるので、遮る山が無く360度様々な景色を楽しめる特徴があります。

    北アルプスで唯一の活火山なので、特別な景色を楽しむことができます。

    焼岳の最後の噴火はいつか気になる

    焼岳噴火レベル1の時の映像(2017年)

    焼岳 最後の噴火はいつ?

    焼岳火山は,最後の噴火したのは、1962から1963年です。

    • 1907‐39年(明治40‐昭和17)にかけて毎年のように頻繁に噴火
    • 1911,1912,1925年に埼玉県や東京まで火山灰を降ら
    • 1915年に噴火による泥流により梓川を堰き止め大正池を形成

  • 1911,1912,1925年に埼玉県や東京まで火山灰を降ら
  • したので、今回の大規模な噴火となれば、関東地方も火山灰の警戒が必要です。

    粉塵防御メガネなど合ったほうかいいかもしれません。

    まとめ

    この記事のまとめ
    • 長野と岐阜の県境にある 焼岳(やけだけ)が噴火警戒レベル2に上がる
    • 気象庁から噴石に警戒するように発令
    • 焼岳が最後に噴火したのは60年前の昭和37年(1962年)6月17日
    • 噴火した場合関東地方へも火山灰は達する可能性があるので、警戒が必要

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。