朝倉未来選手がフラッシュ記者を弁護士通して訴えたわけは母親に突撃訪問したから

格闘家のRIZIN所属の朝倉未来選手が12月2日の自身のツイッターで、光文社が発行しているフッラシュ【FLASH】写真週刊誌が朝倉選手の母をアポ無しで突撃訪問をし、撮影したことに対して憤慨し、自身のTwitterとYoutubeチャンネルで、既に法的処置をすることを明かしました。

このブログでは
  • なぜ朝倉未来選手が、フッラシュを訴えたのか
  • 光文社FLASHの週刊誌に載せられた内容
  • 朝倉未来選手がフラッシュに法的処置をした

週刊誌フラッシュが朝倉未来選手の母親の自宅へ突撃アポ無し訪問

11月20日に生放送されたABEMA「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」に出演。挑戦者として登場した“会津伝説のけんか屋”の久保田覚さん、元EE Jumpの後藤祐樹さん、キックボクサーのモハン・ドラゴンさんと、コンビニエンスストアなどの“ストリート風”のセットで戦いで全員を下し、圧勝しました。

ここで補足をすると、朝倉未来選手自身も昔はヤンチャで喧嘩が理由で少年院に1年4ヶ月入所していた事もありましたが、今は格闘技とYoutubeで大成功し、愛知の少年院で公演をされたこともあります。

「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」には反対の声もあった

20日にABEMAで放送された企画で放送された企画では、相手方の逮捕歴10回の“会津の喧嘩屋”久保田覚さんと元アイドルの後藤祐樹さんは一般人。一方圧勝だった朝倉未来選手は現役格闘家。

『一般人とプロが戦うなんて?』『プロなんだから一般人に勝って当然』『喧嘩してるところを視聴者に観せてどうする?『弱いものいじめだ!』そんな批判もありました。

それに対して朝倉未来選手は、『いろんな人の意見を今日まで見てきて、客観的にいち視聴者として企画を見てみると、確かにいい企画ではなかったなと思いました。僕の中で演者としてどうしなければならないかという、僕目線でしか考えていなかったなと反省しています』とコメントしました。

フラッシュの記者が、朝倉未来選手の地元愛知の実家の母親にアポ無し取材

11月末 にフラッシュの記者が朝倉未来選手の母親が住んでいる愛知まで行き、アポ無しで取材をしました。

在宅していた朝倉未来選手の母親は、初めフラッシュの記者の方を見て、何かの配達員かと思い快く対応をしたところ、突然『1000万円企画で息子さんが批判されたことに対してどう思われてますか?』とインタビューと写真を撮られ、朝倉未来と母親に許可なく記事を勝手にメディアに上げられました。

それこそ一般人である朝倉未来選手の母親に突撃訪問インタビューを突きつけるのは論理的、モラル的にも間違えていると思います。朝倉未来選手が憤慨する気持ちがわかります。

朝倉未来選手はフラッシュの記者を法的処置で訴える

週刊誌フラッシュのタイトルは【朝倉未来の美魔女母親「弱い者いじめ」批判に困惑の胸中告白】でした。
それに対して朝倉未来選手は

朝倉未来選手
朝倉未来選手

突然凸(トツ)されているから困惑しているだけで、
母親は批判に対して困惑しているわけでなない。

朝倉未来選手
朝倉未来選手

母親は、この件に対して全く関係ないし、一般人なので、
法的処置を取らせていただくことが決まりました。

朝倉未来選手の母親を写真を勝手にメディアに載せたことを憤慨するのも当然です。

週刊誌の記者が、一般人の朝倉未来選手の母親に突然訪問し、インタビュをし、不意打ちの下からのアングルの写真を撮りメディアに載せる方が、『弱いものいじめ』になるのではないか?とも感じます。

朝倉未来選手がフラッシュの記者を訴えたまとめ

この記事のまとめ
  • 朝倉未来選手の母親が光文社の【FLASH】にアポ無しの突撃訪問インタビューをされ、インタビュー写真を勝手に撮られメディアに勝手に公開された事に対して、朝倉未来選手は憤慨し、法的手段を決行した。
  • YoutubeやTwitterで視聴者やファンの方にこのFLASHの記者に対して、どういった対応をしたほうが良いか意見を求めている。

編集後記

ココからは私個人の意見です。


私は、朝倉未来選手と弟の朝倉海選手のファンでアウトサイダーの頃からの動画を観てます。
【格闘技】は 【どことなく男性が観るもの】【怖い】などの意見がありますが、朝倉未来選手と朝倉海選手のYoutubeメインチャンネルとYoutubeサブチャンネルのお陰で、【格闘技】のイメージが少し変わり、女性でも楽しめるスポーツの1つとなりました。

以前より、朝倉未来選手と朝倉海選手はとても家族思いで、ご家族にプレゼントを渡したり、スタップの方達を労ったりして、多少口が悪くても、礼儀正しくとても素敵な方です。

今回のマスコミの方との一件は早く解決して欲しいと、いちファンとして願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。