ペットの犬猫が搭乗同席同伴が可能な国内線航空会社は?東京関西から九州区間の料金と注意点や緊急時

愛犬や愛猫との旅行は、ペットを家族の一員と考える多くの人にとって、特別な経験です。

飛行機の国内線と国際線では多くの航空会社は、ペットの犬猫が搭乗同席が不可能ですが、唯一東京関西から九州区間の国内線でスターフライヤーの航空会社が、ペットの犬猫が搭乗同席が可能です。

ペットの犬猫が搭乗同席同伴が可能な国内線航空会社はどこで、東京関西から九州区間の料金がいくらで注意点はあるのかな?

このブログは3分で読めます
  • ペットの犬猫が搭乗同席同伴が可能な国内線航空会社はどこ?
  • スターフライヤーのペットの犬猫と搭乗同席できる席の場所
  • 東京関西から九州区間の料金と注意点や用意するものなど
  • 飛行機にペットの犬猫が搭乗同席同伴することで起こる問題点

ペットの犬猫が搭乗同乗同伴が可能な国内線航空会社

愛犬や愛猫との旅行は、ペットを家族の一員と考える多くの人にとって、特別な経験です。

しかし、ペットとの旅行にはいくつかの課題があります。特に、国内線での搭乗を考える際、どの航空会社がペットの同乗を許可しているのか、という疑問が生じます。

たとえば、JALやANAなどの一部の航空会社では、小型犬や猫をケージに入れて、「小荷物」として飛行機に乗せることができます。

ただし、基本的にはペットは貨物室に預けることになり、飼い主の横に同席同伴はできませんでした。

海外では一部の航空会社ではペット(犬や猫)同席もしくは隣の席に同伴できる航空会社がありますが、日本の航空会社はペットなど動物は、すべて貨物室に預けてました。

しかしながら、2024年1月から日本国内唯一国内線のみでスターエアラインが飼い主の横に同席同伴できるサービスを条件付きで開始しました。

スターフライヤーのペットの犬猫と搭乗同席同伴の詳細

スターフライヤーの「FLY WITH PET!」サービスでは、小型犬や猫を客室内に同席同伴できこのサービスが2024年1月から開始されました。

羽田羽田と北九州間や、東京羽田と関西間のの特定便で利用可能で、ペット1匹につき5万円の料金がかかります。

予約時に必要書類の提出や、ペット用ケージや、トイレシート、飲み物などの準備が必要です。航空会社はペットとオーナーの安全と快適さを確保するために特定の座席割り当てや機内の換気に注意を払っています。

スターフライヤーのペットの犬猫と搭乗同席同伴できる区間

  • 2024年1月14日(日)まで
    羽田(東京)⇔北九州線の全便
  • 2024年1月15日(月)より
    国内線全便
  • 羽田空港(東京)⇔中部国際空港(名古屋)
  • 羽田空港(東京)⇔関西国際空港(大阪)
  • 羽田空港(東京)⇔山口宇部空港(宇部)
  • 羽田空港(東京)⇔福岡空港(福岡)
  • 羽田空港(東京)⇔北九州空港(北九州)

スターフライヤーの犬猫と搭乗同席同伴できるサービスの搭乗流れ

スターフライヤーの「FLY WITH PET!」サービスの搭乗流れには、以下のステップが含まれます

ステップ詳細
Step 1: 予約スターフライヤーのウェブサイトから申し込み、必要な情報を提供。

※ペットの健康診断書が含まれます。
この健康診断書は、出発予定日の10日以内に獣医師によって発行されたものでなければなりません。
また、特定の条件を満たす必要があります。
Step 2: 準備ペットのおむつ着用練習
ケージやハーネスの準備
ワクチン接種証明書の準備
同意書兼申込書の確認


※予め金属部品の少ないリード・首輪(ハーネス)をご準備ください。
Step 3: 空港搭乗手続きをカウンターで行い、
接種証明書等を提示。
空港ターミナル内ではペットをケージから出すことができないので、必ずケージに入れる
保安検査場ではペットを抱きかかえて通過。

※カウンターにて搭乗手続きは
出発1時間30分前を目安にカウンターへ。
出発40分前までにお手続き頂けない場合搭乗できない場合あり。
Step 4: 搭乗保安検査を通過し、事前改札で先に搭乗。
Step 5: 到着他の乗客が降機した後、最後に降機。

詳細な情報や条件はスターフライヤーのウェブサイトでご確認ください。

鳴き声など他のお客様のご迷惑にならないよう、充分にトレーニングされていることも重要です。
また、搭乗同席同伴するペットはおむつ着用が必須です

スターフライヤーの犬猫と搭乗同席同伴料金

スターフライヤーの「FLY WITH PET!」サービスにおけるペットの同伴料金は、一匹あたり50,000円です。

この料金は、ペットを客室内に同伴する際に適用され、予約時に支払う必要があります
小型の犬及び猫を対象とし、各便1匹まで持ち込みできます。

また機内に持ち込めるペットの種類は、小型の犬と猫が対象です。
小型というのは、長さ50cm×横幅40cm×高さ40cm程度のケージに入る小型の犬と猫が対象です。

搭乗待合室内ではペットの犬と猫は、空港内においてもカウンター周辺や保安検査場においてのケージへの入れ替え等以外でケージの外に出ることできません。

搭乗同席同伴する際のケージの大きさの規定

ペットケージの要件を表にまとめると次のようになります

要件説明
サイズ長さ50cm×横幅40cm×高さ40cm以内。
※ペットが立ったり横になったりできる十分なスペースが必要。
取手シートベルトで座席に固定するための取手が付いていること。
シールロックケージのすべての入口にシールロックを装着できること。

これらの要件は、ペットと共に安全に飛行するためのものです。
詳細な情報については、スターフライヤーのウェブサイトをご覧ください。

フライト中はペットに餌を与えることはできませんが、給水器を利用してペットに水を与えることは可能です

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,191 (2024/04/15 06:44:00時点 Amazon調べ-詳細)

東京関西から九州区間で搭乗同席する座席と注意点

スターフライヤーの「FLY WITH PET!」サービスにおける機内でのペット同伴に関する主なポイントは以下の通りです

  • 使用する座席は27列目の窓側。
  • オーナーは隣の座席に座る。
  • フライト中のペットへの餌やりは不可。
  • ペットはマナーウエア(おむつ)着用が必要。
  • ケージを設置する座席には、シートカバーをかけ、クッションを敷いた上にケージを置く
  • ケージはシートベルトで固定をし、フライト中はケージからペットを出すことはできない
  • 給水器を使った水やりは可能。
  • 緊急時の酸素サービスはペット非対応。
  • 緊急脱出時、ペットは機内に残す。
  • 降機は他の乗客の後、最後に行う。

ワンちゃんやねこちゃんが入るキャリーケースは、ペットが立ったり横になったりできる十分なスペースが必要です。

ペットの犬猫が搭乗同席同伴中の緊急時

現状、残念ながら緊急時のときは一緒に避難できません

スターフライヤーの「FLY WITH PET!」サービスでは、緊急時にペットに酸素マスクの提供はできません。

また、緊急脱出の際には、ペットは機内に残す必要があります。

これは、緊急事態における人命優先の対応として定められています。安全対策としてのこれらのルールは、ペットとともに飛行する際に重要な配慮事項となります。

詳細はスターフライヤーのウェブサイトでご確認いただけます。

ペットは家族なので、飛行中は愛犬、愛猫の隣で渡航したいけど色々まだ問題があります。

飛行機にペットの犬猫が搭乗同席同伴することで起こる問題点


飛行機にペットの犬猫が搭乗同席同伴することで起こる問題
  • アレルギー問題:他の乗客がペットに対してアレルギーを持っている可能性があります。
  • 鳴き声や行動:ペットの鳴き声や落ち着きのない行動が他の乗客に影響を与える可能性があります。
  • 緊急時の対応:緊急脱出の際にはペットを機内に残して脱出する必要があります。

これらの問題に対する対策や詳細は、航空会社のポリシーやガイドラインで確認することをお勧めします。
航空会社の公式ウェブサイトや、旅行の予約時に提供される情報で確認できます。

ペットの犬猫が搭乗同席同伴が可能な国内線航空会社のまとめ

この記事のまとめ
  • ペット同伴可能な航空会社: スターフライヤー
  • 搭乗同席可能な席の場所: 機内の最後列(27列目)窓側座席
  • 料金: ペット1匹につき50,000円
  • ペット用ケージ、マナーウエア(おむつ)の着用が必要
  • フライト中の餌やり不可、水やりは給水器を使用して可能
  • 緊急時の酸素サービスはペット非対応、緊急脱出時にはペットを機内に残す
  • 降機時は他の乗客の後に最後に降機

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!