大谷翔平の急所に直撃映像!試合一時中断『痛いそう!』実況中継のレポーターが冷静にアナウンスが痛感

エンゼルスの大谷翔平投手は5月17日(日本時間18日)、
敵地であるグローブライフ・フィールドで行われたレンジャーズ戦に
第4打席で自打球が急所である股間に直撃し、試合が一時中断になりました。

大谷翔平ワンバウンド自打球が急所に直撃事件映像

SNSでの反応

『痛そう!』

『見てるだけでいたい』

『可哀想』

『痛みあるのに、直ぐに正気に戻ってプロだな』

『わぁぁぁ!オオタニサン!!』

確実に痛いはずなのに、直ぐ試合に戻れるのが
流石大谷翔平選手です!

痛い映像を3回も放映(汗)

実況中継のアナウンスの人は、何て言ってるんだろう?
凄い冷静だね

自打球が急所に直撃映像!
『痛いそう!』なのに実況中継が冷静にアナウンス

問題の大谷選手のボール直撃シーンは6:29から
レポーターが言ってる事

英語

  1. Okey
  2. Ohtani a little bit of discomgort here.
  3. Trying to take a deep breath.
  4. good take telling himdelf to stay back stay back stay back.
  5. Painful at bad there for Shohei .

日本語訳

  1. オーケー
  2. 大谷選手は少し不快感の状態です
  3. 深呼吸しようとしています
  4. 彼自身 正気に戻るように言ってます
  5. 翔平にとっては痛い試合でした

※筆者の解釈での訳です。

大谷選手ファン
大谷選手ファン

日本だったら
『おぉーーーと!!ボールが当たった!』と大騒ぎだけど、
アメリカでは急所に当たった場合割と冷静なのね。

まとめ 『大谷翔平ワンバウンド自打球が急所に直撃映像!』

この記事のまとめ
  • 大谷翔平ワンバウンド自打球が急所に直撃!
  • レポーターが冷静に実況中継をする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。